この度、12月15日にご連絡した「JFAサッカー活動再開に向けたガイドライン」を改定いたしましたのでご案内します。
 
全国的に新型コロナウイルスの感染状況が再度悪化したことに伴い、緊急事態宣言下におけるサッカー活動が制限されつつあります。
これらの状況を踏まえ「活動レベル」及びそれに紐づく「活動範囲」の設定を廃止し、各都道府県における諸活動の
実施可否については、政府・自治体の方針に沿って事業の実施主体FAが判断するという形に改定いたしました。
 
改定内容は、「JFAサッカー活動再開に向けたガイドライン(第9版)_改定箇所一覧」をご参照ください。  
 
地域・都道府県サッカー協会におかれましては、関係する方々へ本ガイドラインを周知・徹底いただくとともに、
各自治体や教育委員会等から発せられる情報に十分留意し、安全を最優先にご対応くださいますようよろしくお願い申し上げます。
 
 
<改定ポイント>
●「活動レベル」及び活動レベルに応じた「活動の範囲」の設定を廃止し、新たに「事業の実施のおける考え方」を提示(主にP.8、9)
※その他本ガイドライン中の活動レベル等の記述は削除/修正
●1/7内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長事務連絡で規定する、イベント規模・感染防止策の指針を追加(P.9~11)
● 「新型コロナウイルスの影響下における競技会・試合運営の手引き」の修正(P.36、40、42、44、46、52)

<添付資料>

JFA サッカー活動の再開に向けたガイドライン(第9版)

JFAサッカー活動の再開に向けたガイドライン(第9版)改定箇所一覧


中国サッカー協会は、JFAガイドラインを基に本協会の事業開催における「新型コロナウイルス感染症対策 運営役員必携」を策定いたしました。

現在の新型コロナウイルス感染症の状況、それによる影響は地域によって異なることから、中国地域各県FAにおいて事業や活動を実施する際には各自治体や教育委員会等から発せられる情報にも十分留意し、それぞれの実情に合わせてご判断いただくとともに、必要に応じて独自のガイドラインを作成いただくようにお願いいたします。